記事の詳細

カスタム投稿・・・またこれでつまづいていました。
優れものプラグイン、Jetpack
で、条件分岐のことに触れましたが、サイドバーにどうにもカスタム投稿のアーカイブだけが反映しないんです。個別記事には反映するのですが。
事細かに設定できるというdisplay widgetsを見つけて、入れてみました。
dw1
個別記事も選択できますが、アーカイブも選択できるんです。
これで大丈夫、と設定してアーカイブページを開いてみましたが、サイドバーはデフォルト設定のまま・・・。
dw2
設定が英語表記なのでよくよく注意です。ここの設定では全員が見られるにしました。
dw3
ここも設定できるんですね~。
非表示にするほうが少なければHideにしてチェックを入れます。
逆に、表示したい項目が少なければShowにしてチェックを入れます。何でもかんでもチェックを入れていたのでもう一度整理しました。よく読めってことですね。
で、見事に反映しました。

ここからは徹夜までしていじくり倒した記録なので、興味のある方だけどうぞ。


しっかりはまり込みました。
大体5日間ほどかけました。
カスタム投稿のアーカイブだけデフォルトのサイドバーになってしまいます。
一般投稿のカテゴリーアーカイブはきちんと反映していますし、カスタム投稿でも個別記事は反映されています。
そもそもカスタム投稿を設定したとき、アーカイブをそのままコピーしてarchive-カスタムポスト名.phpにしています。でも個別投稿もそのままコピーしてsingle-カスタムポスト名.phpにしているんですよ。既存のサイドバーしかないので、読み込みはsidebar()ひとつだけです。
じゃあ、サイドバーに問題があるんだろうか。
ウィジェットの読み込みをする箇所を一字一句見ましたがわからん・・・。そこでphpの本を購入したわけですが、読んでもわからない。
”ウィジェット カスタム投稿 サイドバー呼び出し” 等々検索してもわからん・・・。
カスタム投稿の「ポスト名」であるときだけ表示したいウィジェットを呼び出す
これをphpに当てはめていくにはどうしたらいいか。

<?php } elseif(is_single()) { ?>

これでカスタム投稿の個別記事は読み込まれているから、これを改造して
elseif(array(‘カスタムポスト名’)・・・
ともやってみてもエラーが出るか反映しないか。

そして今日。
「もういい、新しくサイドバーを作ってカスタム投稿用にする」
と、今までいじくったサイドバーの名前をsidebar-2.phpにし、親テーマから正規のsidebar.phpをコピーしました。
サイトを何気なく見てみると、あれ?反映されている・・・。
なんだぁ、色々いじくらなくてもよかったんだ、と思いました。
まぁ、少しだけphpの読み方がわかっただけいいんですが、それにしても時間を使いすぎました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

WordPressテーマ「AN (tcd014)」

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る