記事の詳細

お友達がただいま勉強中ということで、私も思い出話をひとつ。
サイトを作り始めて間もないころ、お気に入りの素材屋さんでスキンなるものを見たのが、そもそもの始まりでしたね。スキンというのは、掲示板などのデザインhtmlのことで、実際に動くプログラムをCGIというんですけどね。
こんなきれいな掲示板をぜひ自分も使ってみたい、と、CGI配布元に行き、マニュアルを全部印刷して(結構なページになった)、初めからなぞるようにして慎重に慎重に書き換えていきました。
それでも間違いは2ヶ所あって、もう動かない。何度も何度も読み直し、ダウンロードしなおして書き換え書き換え。夜中までかかって、やっと間違いの箇所を突き止めて直しました。そうするとサックリ動くんですよ。感動しました。
apeboard+タイプであれば、今でも設置できると思います。
次はサイト内検索のCGIでしたね。これもサックリ設置できました。
あとはブログをサーバーにインストールして立ち上げたけれど、これもうまく動いています。
やっぱり、最初苦労して覚えると、あとあと応用が効くということですね~♪
ちなみに、気に入ったきれいな掲示板はスタイルシートを多用していたので、そこでスタイルシートの勉強もできました。そのときは大変だったけれど、あとになってよかったと思っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

WordPressテーマ「LUXE (tcd022)」

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る