記事の詳細

椅子の肘掛に肘を乗せる癖があるが、あるとき両肘に違和感を感じた。そして肘を突いたら激痛に飛び上がった。右のほうが痛みは少ないが、痛いことは変わらない。よりによって日曜日。
肘を曲げると痛いため、何もできない。痛みに呻きながらお風呂にかろうじて入る。洗髪は、悲鳴を押し殺して行う。
痛みのために夜も眠れず、翌朝一番で整形外科に行った。髪もとかせず、ぼさぼさ頭で。
肘は腱鞘炎ではなく、石灰がたまっていた。原因は不明らしい。でも、やりすぎが原因ではなかったかと思っている。
今もやりすぎたなぁと思うと疼いてくるし、手もしびれてくるので、程々にするようにしている

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

WordPressテーマ「AN (tcd014)」

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る